FCSの歩み


FCSの歩み
 
1994年
身近な街のカウンセラー養成講座スタート
1995年
杉並区荻窪駅前にライフカウンセリングサービス開設
『賢い女性は返済がうまい』出版 クレジットカウンセリングに積極的に取組む
1998年
新宿区西新宿へライフカウンセリングサービス移転
1999年
『不登校』出版 不登校カウンセリングに積極的に取組む
2000年
東京都知事認証特定非営利活動法人 NPOライフカウンセリングサービス設立
カウンセラー養成部門はカウンセラートレーニングセンターとして別組織へ
卒業生10名がNPOライフカウンセリングサービス池袋相談室開設
2001年
『引きこもり』出版
2003年
卒業生10名が東京都知事認証特定非営利活動法人リーガルカウンセリングサービス設立
2004年
不登校・引きこもり、夫婦関係、自己回復、買物依存等のカウンセリング活動の傍ら、『身近な街のカウンセラー』を育成し続け、500名以上の卒業生が次々とプロのカウンセラーとして就職、相談室を開設するに至る。
2005年
家族問題へのカウンセリング急増に伴い、名称をファミリーカウンセリングサービスへ変更し、家族問題(親子、夫婦、介護、ストレスケア)に焦点を当てた活 動に積極的に取組み、夫婦再生講座、子育て講座、不登校・引きこもり・ニート支援講座、夫・父親自信回復講座、ストレスマネジメント講座、メンタルヘルス 講座等と共に無料相談会を各地で開催し、より幸せな家族関係を支援している。
2006年
『幸福な偶然にたくさん出会う法』 出版(PHP研究所)
『危ない夫婦の再生術』 出版(リヨン社)
夫婦再生カウンセリングが急増。
更に、自分の内面と向き合い、心の傷を解放し、心身ともに自由になる重要性が増し、感情回復グループカウンセリングを開始。
2007年
『老親といい関係をつくる会話術』 出版(山海堂)
『いちばん幸せな介護のヒント』 出版(リヨン社)介護カウンセリング増加。
「家族関係・トラウマからの回復スモールグループ」を開始。安全な場所で、自分を素直に表現し、他者から愛を受取ることで人間関係を学ぶ機会を提供する大切さを実感する。
2009年
毎日のように回復スモールグループを実施。親子夫婦再生、うつ・引きこもり回復、トラウマ回復、人生の再選択、父親・家族回復などテーマ別に、毎日のように回復スモールグループを実施するようになる。参加された方々が、つながりを持ち続け、安心する人間関係を築いておられます。
2010年
トラウマ、うつ、引きこもりの回復3週間プログラムを実施。
セルフイメージを高め、人生の目的を見つけ、回復してゆく手法を確立し、成果を上げる。
各地で行っているスモールグループも成果を上げ、会員の社会活動が盛んになってきている。
2014年
新宿から現在地の東京都中央区新富1-4-5に事務所を移転。
NPO法人ファミリーカウンセリングサービスの代表を村田雅春に移譲される。